刊行物のご紹介 Publication

刊行物のご紹介

  

刊行物サムネイル 概要
法教育のフロンティア

法教育のフロンティア

著者等 : 福井県法教育推進協議会 編著
判型・頁数 :B5判・111頁
価格 :本体1,500円+税
発行所 :日本文教出版
ISBN :978-4-536-60086-6

平成26年度から平成27年度にかけて実施された「福井法教育推進プロジェクト」の事業報告書にあたるものが本書である。敦賀市における地域カリキュラムへの法教育導入事業のほか、特別支援学校における法教育実践、商業高校におけるビジネス交渉教育の試み、高校生による小学校への出前授業等、おそらくは全国的にも類例の希少な先進的取組みが数多く実践されている。(「はじめに」より要約)

 詳しくはこちら
法と教育 Vol.6

法と教育 Vol.6

著者等 :法と教育学会 編
判型・頁数 :B5判・172頁
価格 :本体3,000円+税
発行所 :商事法務
ISBN :978-4-7857-2449-8

「法」と「教育」という異なる分野・異なる立場の理論家・実務家の「フォーラム」となるべく創刊された学会誌の第6号。本号には研究論文・実践報告・研究ノートと第6回学術大会の記録を収録。

 詳しくはこちら
高校生からの法学入門

高校生からの法学入門

著者等 :中央大学法学部 編
判型・頁数 :四六判・220頁
価格 :本体900円+税
発行所 :中央大学出版部
ISBN :978-4-8057-2709-6

 「お前、昨日、既読スルーしただろ、見たらすぐに返事しろよ。」「既読スルーなんてしてねぇよ。そもそも既読スルーって何なんだよ。」(第10章「友だちとケンカ」より)
 私たちが法を意識する場面はそれほど多くないかもしれませんが、見たり、聞いたり、経験したりすることの中に、法はたくさん溶け込んでいます。また、私たちの日常生活の中で訪れる些細なことを「法的に考える」ということは、とても重要です。いじめ、SNS、ブラックバイト、18歳選挙権・・・。高校生にも身近に感じられる話題から、法学へ誘う12のメッセージを、中央大学法学部の執筆陣が送ります。
(中央大学出版部WebSiteより)

 詳しくはこちら
わたしたちの社会と法

わたしたちの社会と法

著者等 :関東弁護士会連合会 編
判型・頁数 :A5判・172頁
価格 :本体2,400円+税
発行所 :商事法務
ISBN :978-4-7857-2434-4

関東弁護士会連合会では、法教育の普及および効果的な実施のため、そのエッセンスや指針をまとめた「法教育指導要綱(案)」を公表している。本書は、この要綱のうち、法や法制度およびその背景にある基本原則や価値に関する知識について、教育関係者など法教育にかかわる人々にわかりやすく解説する。
(商事法務HPより)

 詳しくはこちら
法むるーむ

法むるーむ

著者等 :法むるーむネット 編著
判型・頁数 :B5判・120頁
価格 :本体950円+税
発行所 :清水書院
ISBN :978-4-389-22579-7

 法は目に見えません。ですからふだんは気づきません。
 でも、法はいつも私たちのすぐそばにあります。
こっそり姿を隠しながら、目に見えないところから私たちを守り支えているのです。
 法はもっと身近なものである。私たちはそう考え、学校で学んだり、ニュースで見たり、日常生活で体験するかもしれないさまざまなできごとについて、わかりやすい解説を加えながらこの本を作りました。
 こんなときどうしたらいいのか、どう考えたらいいのか。
 教室や家庭で考え、議論しながら、法や法の基礎にある考え方について学び、社会のさまざまなことに関心を持つきっかけになればと願っています。(「はじめに」より)

 詳しくはこちら
小学校で法を語ろう

小学校で法を語ろう

著者等 :W.キャシディ& R.イェーツ 編著
 同志社大学法教育研究会 訳
判型・頁数 :A5判・236頁
価格 :本体3,000円+税
発行所 :成文堂
ISBN :978-4-7923-0584-0

はじめに ギャップを埋めること――法について語ろう,第1章 どうして小学校の授業で法を教えるのか?,第2章 市民参画のための教育――アメリカ合衆国における法に関わる教育――,第3章 小学校の教室での対立解決,第4章 クラスのなかで民主制の諸原理を身につけること,第5章 物語劇を通して法を見る,第6章 同調圧力を、法に関わる文学作品を通じてコントロールする,第7章 小学校の教室で法を作ってみよう――単元計画――,第8章 ゲームと模擬実験を通じた法の経験,第9章 社会研究における批判的思考による問題対応と決定,第10章 法科学を通した法の探究,訳者あとがき

 詳しくはこちら
JLF叢書 交渉教育の未来

JLF叢書 交渉教育の未来
―― 良い話し合いを創る 子供が変わる

著者等 :野村美明・江口勇治 編
判型・頁数 :B5判・136頁
価格 :本体3,000円+税
発行所 :商事法務
ISBN :978-4-7857-2329-3

大学等の教員、企業人、弁護士や裁判官など、交渉の教育が法教育の中心と考える専門家たちが、小学校の低学年から高学年の生徒が、上手に話し合うための方法を学べるよう執筆。生徒が読んだり動いたり話したりする活動を通じて、自然と良い話し合いの方法を学ぶことができるように工夫。
(商事法務HPより)

 詳しくはこちら
法と教育 Vol.5

法と教育 Vol.5

著者等 :法と教育学会 編
判型・頁数 :B5判・153頁
価格 :本体3,000円+税
発行所 :商事法務
ISBN :978-4-7857-2326-2

「法」と「教育」という異なる分野・異なる立場の理論家・実務家の「フォーラム」となるべく創刊された学会誌の第5号。本号には研究論文・実践報告・研究ノートと第5回学術大会の記録を収録。

 詳しくはこちら
リサとなかまたち、民法に挑む

リサとなかまたち、民法に挑む

著者等 :大村敦志 著
判型・頁数 :A5判・144頁
価格 :本体2,000円+税
発行所 :太郎次郎社エディタス
ISBN :978-4-8118-0770-6

ルールは何のためにある? 何を約束すればいい?
もっといい方法って、ないのかな。
自分たちでしくみを作ろう。
「未来のルール」を作ってみないか。

法律は「なるほどパワー」=説得力の比べっこで使うもの── 架空の国・サル山共和国で起こる事件や出来事を通し、法律の考え方と解釈を法学者たちがわかりやすく解説する、【「なるほどパワー」の法律講座】。憲法編、刑法編に続き、第三弾は民法編。

人格権と財産権、交換の自由、契約(約束)によって仕組みをつくること──。「自律」と「自治」のルールとしての民法を伝えます。
(太郎次郎社エディタスHPより)

 詳しくはこちら
法教育への招待――法学から見た法教育

法教育への招待―― 法学から見た法教育

著者等 :大村敦志 著
判型・頁数 :A5判・296頁
価格 :本体3,900円+税
発行所 :商事法務
ISBN :978-4-7857-2325-5

筆者が、2013年度・2014年度に東京大学法科大学院において行った講義録。第1部「研究編」、第2部「実践編」から構成。学部・大学院で法学を学ぶ方、すでに法律実務を行っている方、および「法教育」に関する教育を行おうとする方々を対象に、わかりやすく解説。

詳しくはこちら
裁判例を活用した法教育実践ガイドブック

裁判例を活用した法教育実践ガイドブック

著者等 :法と市民をつなぐ弁護士の会 編
判型・頁数 :A5判・134頁
価格 :本体1,800円+税
発行所 :民事法研究会
ISBN :978-4-89628-979-4

中高生が興味をもつ素材・テーマ、討論の視点・方法が満載!
板書例を参考にして、骨太・平易で有意義な授業に挑戦できる!
(表紙より)

 詳しくはこちら
法と教育 Vol.4

法と教育 Vol.4

著者等 :法と教育学会 編
判型・頁数 :B5判・152頁
価格 :税込3,024円/本体2,800円
発行所 :商事法務
ISBN :978-4-7857-2209-8

2010年9月に正式発足した「法と教育」学会。
「法」と「教育」という異なる分野の、異なる立場の理論家・実務家の「フォーラム」となるべく創刊された学会誌の第4号。
本号には研究論文・実践報告・研究ノートと第4回学術大会の記録を収録。

 詳しくはこちら
おさるのトーマス、刑法を知る

おさるのトーマス、刑法を知る

著者等 :仲道祐樹
判型・頁数 :A5判・134頁
価格 :本体2,000円+税
発行所 :太郎次郎社エディタス
ISBN :978-4-8118-0769-0

架空の国・サル山共和国で起こる事件や出来事を通し、法律の考え方と解釈を気鋭の法学者たちがわかりやすく解説。既存の法律書や入門書と異なり、実際の条文を使いながら条文の先にある意義を知り、「法律の考え方」「法律リテラシー」を育むことを目的とした、小学校高学年から大人までのための、これまでになかった新しい法律の本。

刑法編では「刑罰の決めかた」、「共同正犯」(刑法60条)、「罪刑法定主義」、「正当防衛」(刑法36条)を中心に多数の条文を取り上げた物語を収録。刑法がどのような根拠と理由に基づいて運用され、何のためにそのようなルールとなっているかを解き明かします。

 詳しくはこちら
うさぎのヤスヒコ、 憲法と出会う

うさぎのヤスヒコ、 憲法と出会う

著者等 :西原博史
判型・頁数 :A5判・126頁
価格 :本体2,000円+税
発行所 :太郎次郎社エディタス
ISBN :978-4-8118-0768-3

架空の国・サル山共和国で起こる事件や出来事を通し、法律の考え方と解釈を気鋭の法学者たちがわかりやすく解説。既存の法律書や入門書と異なり、実際の条文を使いながら条文の先にある意義を知り、「法律の考え方」「法律リテラシー」を育むことを目的とした、小学校高学年から大人までのための、これまでになかった新しい法律の本。

憲法編では「思想・良心の自由と信教の自由」(憲法19・20条)、「表現の自由」(憲法21条)、「教育を受ける権利」(憲法26条)を中心に多数の条文を取り上げた物語を収録。法律の上にある憲法が自分たちの生活に深く関わっているとわかります。

 詳しくはこちら
リーガルベイシス民法入門

リーガルベイシス民法入門

著者等 :道垣内弘人
判型・頁数 :A5判・596頁
価格 :本体3,500円+税
発行所 :日本経済新聞出版社
ISBN :978-4-532-13446-4

本書は、初めて民法あるいは法を学ぶ人のために書かれたものです。初学者のための入門書ですが、レベルを維持しつつ本質を理解できるように、さまざまな工夫をしています。
本書の特徴 1.法律を初めて学ぶ人のため、第1章の法学入門で民法の基礎の基礎が理解できる 2.順を追って無理なく読める 3.条文・判例が「なぜそうなっているのか」、日常の言葉でその論理を説明 4.初学者にとって身近な事例、現代的な判例をピックアップ 5.現行法の体系の中で民法改正の方向性が理解できる 6.基本的な解説にとどまらず、学問の最前線にある問題にも触れ、高いレベルを維持 7.必要に応じて、関連する民法以外の商法や民事訴訟法などもていねいに解説(カバーより要約)

 詳しくはこちら
法と教育 Vol.3

法と教育 Vol.3

著者等 :法と教育学会 編
判型・頁数 :B5判・134頁
価格 :税込3,024円/本体2,800円
発行所 :商事法務
ISBN :978-4-7857-2103-9

2010年9月に正式発足した「法と教育」学会。
「法」と「教育」という異なる分野の、異なる立場の理論家・実務家の「フォーラム」となるべく創刊された学会誌の第3号。
本号には研究論文・研究ノートと第3回学術大会の記録を収録。

 詳しくはこちら
開発法学の基礎理論

開発法学の基礎理論

著者等 :松尾弘
判型・頁数 :A5判・336頁
価格 :本体3,600円
発行所 :勁草書房
ISBN :978-4-326-40280-9

 人間がより良く生きられる社会を目指す国づくり──良い統治──のために法整備がどのように役立つか、グローバル化の中でそのための国際協力はどうあるべきか。本書は「開発法学」の課題を明らかにし、社会を個人・組織・制度・規範理論の4レベルで捉える視点から統治システムを構築する法改革の方法を探るための理論枠組を提示する。(勁草書房HPより)

 詳しくはこちら
法と教育 Vol.2

法と教育 Vol.2

著者等 :法と教育学会 編
判型・頁数 :B5判・155頁
価格 :税込3,024円/本体2,800円
発行所 :商事法務
ISBN :978-4-7857-2004-9

2010年9月に正式発足した「法と教育」学会。
「法」と「教育」という異なる分野の、異なる立場の理論家・実務家の「フォーラム」となるべく創刊された学会誌の第2号。
本号には研究論文・実践報告・研究ノートと第2回学術大会の記録を収録。

 詳しくはこちら
グラフィック法学入門

グラフィック法学入門

著者等 :青木人志 著
判型・頁数 :A5判・197頁
価格 :税込1,944円/本体1,800円
発行所 :新世社
ISBN :978-4-88384-184-4

本書は、法学教師として長年教壇に立ってきた著者が、「法学入門」というコンセプトのもと、法の人間性・ドラマ性・技術性・歴史性・可塑性という5つの観点からその魅力や特質を肉声で語った入門書です。
これから法学を学ぼうとする方が、その魅力を感じ取り、本格的な学習を始めるきっかけをつかめるよう、具体的なエピソードを織り交ぜてわかりやすく解説しています。
左頁の本文解説部分に対し右頁に図版・コラムを配した左右見開き形式と2色刷により、一層の読みやすさを配慮しました。(カバーより)

 詳しくはこちら
解釈のちから

紙芝居で学ぶ法教育教材 「解釈のちから」

制 作 :福岡県司法書士会 法教育推進委員会
 久保山力也 編著
判型 :A4版(紙芝居・解説書・CD-ROM)
価格 :税込2,000円

本教材の学習者は、「解釈する」ということを通じて、無限の可能性について考えるようになります。多くの場合、法やきまりは「外」にあるもの。でも、「解釈する」ことは、自分の「内」にあるのです。このことを抜きにして、法やきまりの大切さを説いたとしても、自らのこととして、真正面からとらえる視点は育ちません。法やきまりと自らの価値観との「距離」を体感しながら、それらとしっかりと向き合う姿勢を、本教材では重要視しています。

 
これからの法教育

これからの法教育 -さらなる普及に向けて

著者等 :関東弁護士会連合会 編
判型・頁数 :A5判・268頁
価格 :税込1,944円/本体1,800円
発行所 :現代人文社
ISBN :978-4-8779-8496-0

法教育に関して、教育現場においていかなる実践がなされてきたか、そうした取組みによって子どもたちに育んでもらいたい能力がついてきているのか、教育現場における法教育の実情について検証するとともに、今後の教育現場と法律実務家との連携のあり方をさぐる。

 詳しくはこちら
交渉は楽しい!

実演交渉DVD  交渉は楽しい!

制作 :交渉教育研究会
メディア :DVD(約34分)
価格 :税込3,240円/本体3,000円
販売 :商事法務
ISBN :978-4-7857-9044-8

自立的な市民の自立による民主主義社会を成立させるための基本的な技能である「交渉」。
2001年より「交渉教育」を日本で普及させるための調査研究を行ってきた交渉教育研究会が、交渉の考え方と技能を実践的に身に付けさせるために解説テキストとDVDを作成。
小学生から、大学法学部生・法科大学院生等各レベルに応じて教育教材として利用可能。

 詳しくはこちら
法と教育 Vol.1

法と教育 Vol.1

著者等 :法と教育学会 編
判型・頁数 :B5判・201頁
価格 :税込3,024円/本体2,800円
発行所 :商事法務
ISBN :978-4-7857-1902-9

2010年9月に正式発足した「法と教育学会」。
「法」と「教育」という異なる分野の、異なる立場の理論家・実務家の「フォーラム」となるべく創刊された学会誌の第1号。
本号には設立準備会総会・シンポジウムと設立総会・第1回学術大会の成果を収録。

 詳しくはこちら
改訂版〈学問〉の取扱説明書

改訂版〈学問〉の取扱説明書

著者等 :仲正昌樹 著
判型・頁数 :四六判・398頁
価格 :税込1,944円/本体1,800円
発行所 :作品社
ISBN :978-4861823220

哲学・思想、政治学、経済学、社会学、法学の基礎からサンデル『白熱教室』などの最新の動向まで、「正義」、「公共性」、「熟議」、「経済成長」他、よく使われる用語の誤用や基礎的なレベルでの陥り易い勘違い、思い込みを指摘し、これから勉強をする/し直す、のに最適な書。(作品社HPより)

 詳しくはこちら
役割体験学習論に基づく法教育

役割体験学習論に基づく法教育

著者等 :井門正美・著/三浦広久・監修(法的事項)
判型・頁数 :A5判・256頁
価格 :税込2,700円/本体2,500円
発行所 :現代人文社
ISBN :978-4-87798-457-1

これまでの法教育は、充分な教育内容・方法によって展開されてきたとは言えない。知識と行為の統一的学習を試みる模擬裁判などの役割体験学習が必要とされる。本書は、裁判員裁判の授業の作り方・指導方法を解説するテキスト。付録DVD

詳しくはこちら
「法と教育」序説

「法と教育」序説

著者等 :大村敦志 著
判型・頁数 :A5判・229頁
価格 :税込3,024円/本体2,800円
発行所 :商事法務
ISBN :978-4-7857-1781-0

民法研究の第一人者が、「法と教育」のありかたを示した論文・講演集。これまでの長年にわたる研究成果が高度な結実を見せ、著者の法教育・法学教育への熱い思いがほとばしる。現時点での「法」学の研究と「教育」学の研究に一石を投じ、今後の「法と教育」の学際分野における到達点を予感させる。

 詳しくはこちら
プレップ法学を学ぶ前に

プレップ法学を学ぶ前に

著者等 :道垣内弘人
判型・頁数 :A5判・138頁
価格 :本体1,000円+税
発行所 :弘文堂
ISBN :978-4-335-31312-7

法学の世界ではなぜそのような議論をするのかがわかり、講義や教科書が前提としている基礎知識をやさしく解説。学習の最初の段階で出会う障害を取り除く「真」の入門書(カバーより)

 詳しくはこちら
18歳の自律

18歳の自律
– 東大生が考える高校生の「自律プロジェクト」

著者等 :大村敦志+東大ロースクール大村ゼミ 著
判型・頁数 :四六判・242頁
価格 :税込2,376円/本体2,200円
発行所 :羽鳥書店
ISBN :978-4-904702-08-6

生徒会、運動会、文化祭、修学旅行などの特別活動を通して、高校生は何を学び、どのように「自律」していくのか。
東京大学ロースクール大村ゼミの学生たちが5つの高校を取材し、生徒や教師へのインタビューを重ね、「自律」とは何か、学校が担える役割は何かを考える。

 詳しくはこちら
教室から学ぶ法教育

教室から学ぶ法教育

著者等 :教師と弁護士でつくる法教育研究会 編著
判型・頁数 :A5判・160頁
価格 :税込1,566円/本体1,450円
発行所 :現代人文社
ISBN :978-4-87798-445-8

法律って何のためにあるの? 法的思考ってどんなこと? 学校で起こる身近なできごとを通して、教師と児童・生徒がともに法教育を学べるように、事例と法的解説で構成。今すぐに法教育を学べるとともに、問題解決にもつながる一冊。

子どもとかかわるすべての人必読の書!大杉昭英(岐阜大学)教授推薦!

 
市民社会と”私”と法Ⅱ

市民社会と<私>と法Ⅱ
– 高校生のための民法入門

著者等 :大村敦志 著
判型・頁数 :A5判・180頁
価格 :税込2,160円/本体2,000円
発行所 :商事法務
ISBN :978-4-7857-1741-4

高校生の日常生活を題材に、考える素材を提供し、さらに社会における基本ルールを提示する。
法教育のための新しい民法教材、待望の第2巻 !

 詳しくはこちら
教室が白熱する“身近な問題の法学習”15選

教室が白熱する“身近な問題の法学習”15選
– 法的にはどうなの? 子どもの疑問と悩みに答える授業

著者等 :橋本康弘 編著
判型・頁数 :A5判・160頁
定価 :税込1,944円/本体1,800円
発行所 :明治図書
ISBN :978-4-18-418713-9

身近な問題から「法的・合理的な思考」が育つ!法授業の改革。
茶髪やケータイは、なぜ校則で禁止されるのだろう?生徒を縛る校則を変える方法は?こういう児童生徒の身近にある切実なテーマを取り上げ、子どもの意見、それに対立する意見とその根拠を示し、法的な論点はどこかを法律家が提示。

 詳しくはこちら
法教育のめざすもの- その実践に向けて

法教育のめざすもの
– その実践に向けて

著者等 :大村敦志/土井真一 編著
判型・頁数 :A5判・323頁
価格 :税込3,780円/本体3,500円
発行所 :商事法務
ISBN :978-4-7857-1639-4

裁判員制度の幕開けとともに、本格的に展開しはじめた法教育。その理念・意義、基本的な阿考え方、そして今後の展望を考える。
法教育の基本理念(土井真一)、法教育の展望(大谷太)、法の社会的役割と基本的価値の理解のために(田中成明)、法が社会で果たしている役割(橋爪大三郎)、日本国憲法の保障する[基本的人権]の意味(佐藤幸治)、民法分野における法教育の今後(沖野眞已)、法教育の幾つかの問題(星野英一)、政治教育と法教育(佐々木毅)、経済と法およびその教育(猪木武徳)、公民化教育・市民性の教育・法教育(川本隆史)、発達段階に応じた法教育のあり方(橋本康弘)、模擬裁判を題材とした法教育(向井浩二)、裁判員教材を用いた実証授業(髙田孝雄・大久保仁視)、フランスの市民教育(大村敦志)、アメリカにおける法教育の実践(沖野眞已)

 詳しくはこちら
高校から大学への法学

高校から大学への法学

著者等 :君塚正臣 編
判型・頁数 :A5判・250頁
価格 :税込2,268円/本体2,100円
発行所 :法律文化社
ISBN :978-4589031501

高校で学ぶ地理・歴史・公民等の基礎知識・基本用語と連関させたユニークな法学入門書。
各章冒頭に章の全体像を示す概念図を、章末には内容確認のための設問を設けるなど、学習を助ける工夫をした。(法律文化社HPより)

 詳しくはこちら
ルールはなぜあるのだろう- スポーツから法を考える(岩波ジュニア新書)

ルールはなぜあるのだろう
– スポーツから法を考える(岩波ジュニア新書)

著者等 :大村敦志 著
判型・頁数 :新書判・216頁
価格 :税込842円/本体780円
発行所 :岩波書店
ISBN :978-4-00-500610-6

サッカーのオフサイドやフィギュアスケートの採点基準などのルールは、法の役割を学ぶのに絶好の教材だ。ルールを通してスポーツが求めるものを探り、さらに私たちの生き方と法の関係を考えていく。

 詳しくはこちら

ロースクール生が、出張教室。法教育への扉を叩く9つの授業

ロースクール生が、出張教室。
法教育への扉を叩く9つの授業

著者等 :大村敦志 著
 東京大学法科大学院・出張教室 編著
判型・頁数 :A5判・209頁
価格 :税込2,160円/本体2,000円
発行所 :商事法務
ISBN :978-4-7857-1591-5

東京大学法科大学院生有志による、法教育「出張教室」の実践記録。憲法、刑法、刑事裁判、民法、ルールづくりに関する中高生向けの9つの授業例を紹介する。実際の教育現場で参考となる、貴重な事例集。

 詳しくはこちら
中学校の法教育を創る

中学校の法教育を創る
-法・ルール・きまりを学ぶ

編 者 :江口 勇治 ・ 大倉 泰裕
判型・頁数 :A5判・264頁
価格 :税込2,808円/本体2,600円
発行所 :東洋館出版社
ISBN :978-4-491-02343-4

中学校新学習指導要領で求められる裁判員制度、憲法、法律、ルールづくり、規範意識の学習のあるべき姿を、2人の文部科学省教科調査官が責任編集。社会科のみならず、国語科、家庭科、道徳、特別活動等、すぐに取り組みたい実践事例を11点掲載。

 詳しくはこちら
小学校の法教育を創る

小学校の法教育を創る
-法・ルール・きまりを学ぶ

編 者 :江口 勇治 ・ 磯山 恭子
判型・頁数 :A5判・224頁
価格 :税込2,484円/本体2,300円
発行所 :東洋館出版社
ISBN :978-4-491-02342-7

小学校新学習指導要領で求められる裁判員制度、憲法、法律、ルールづくり、規範意識の学習のあるべき姿を、文部科学省教科調査官と気鋭の研究者が責任編集。社会科のみならず、国語科、家庭科、道徳、特別活動等、すぐに取り組みたい実践事例を10点掲載。

 詳しくはこちら
えっ、わたしが裁判員?- 裁判員六人の成長物語

えっ、わたしが裁判員?
-裁判員六人の成長物語

著者等 :弁護士法人 愛知総合法律事務所 著
判型・頁数 :四六判・176頁
価格 :税込1,440円/本体1,333円
発行所 :第一法規
ISBN :978-4-474-02445-8

「立証? 被告? そもそも裁判ってなに?」
OL愛子と個性派の五人が裁判員経験によって成長する物語です。法律専門用語などはコラム形式で分かりやすく説明し、中高生にも最適な入門書です。愛子を通して、裁判員を追体験してください。

 詳しくはこちら

市民社会と“私”と法 Ⅰ- 高校生のための民法入門

市民社会と<私>と法 Ⅰ
– 高校生のための民法入門

著者等 :大村敦志 著
判型・頁数 :A5判・193頁
価格 :税込1,620円/本体1,500円
発行所 :商事法務
ISBN :978-4-7857-1544-1

「私をささえ・ひらく法」である民法について、高校生の日常生活を題材に、考える素材を提供し、さらに社会における基本ルールを提示する。法教育のための新しい民法教材。

 詳しくはこちら
「法教育」Q&Aワーク 中学校編

「法教育」Q&Aワーク 中学校編
– <新指導要領>ニュー教材シリーズ 1

著者等 :鈴木啓文 監修/江口勇治・渥美利文 編著
判型・頁数 :B5判・104頁
価格 :税込2,009円/本体1,860円
発行所 :明治図書出版
ISBN :978-4-18-493516-7

「法やルール」の学習について、子どもの身近な疑問からわかりやすくまとめたQ&Aワーク。問題シート+解説シートの見開き2ページ構成で、法やルールの基礎基本、くらしの中の法、裁判のしくみや役割などについて、身近な例から解説。

 詳しくはこちら
社会が見えてくる“法”教材の開発

社会が見えてくる“法”教材の開発
– PISA型テスト問題にも活用できる7+10

著者等 :千葉大学教育学部・附属連携研究社会科部 編
判型・頁数 :A5判・168頁
価格 :税込2,052円/本体1,900円
発行所 :明治図書出版
ISBN :978-4-18-418817-4

裁判員制度導入により身近な問題となった法教育。社会科としての“法”教材はどのようなものか、授業化のポイントはどこか?など実際に開発された授業10事例とともに紹介。

 詳しくはこちら
はじめての法教育(全5巻)

はじめての法教育(全5巻)
– みんなでくらすために必要なこと

著者等 :日本弁護士連合会「市民のための法教育委員会」監修
判型・頁数 :A4変形版・各48頁
価格 :税込15,120円/本体14,000円
発行所 :岩崎書店
ISBN :978-4-265-10409-3

子どもたちの世界にもいじめや喧嘩など、様々なトラブルがあります。そんな身近なエピソードを通して、ルールの意味を考え、問題解決能力を高めることで、法の基本を自らのものにしてもらいたいと企画したシリーズ。

 詳しくはこちら
はじめての法教育Q&A(DVD付き)

はじめての法教育Q&A(DVD付き)

著者等 :法教育推進協議会 著
判型・頁数 :B5版・220頁
価格 :税込2,365円/本体2,190円
発行所 :ぎょうせい
ISBN :978-4-324-08183-9

「法教育の授業ってどうやれば良いんだろう?」そんな現場の先生の質問にお答えします。授業見本を収録したDVDを添付した、法教育授業の実践と対策に最適の書。

詳しくはこちら
“法”を教える

“法”を教える
– 身近な題材で基礎基本を授業する

著者等 :橋本康弘・野坂佳生 編
判型・頁数 :A5判・164頁
価格 :税込2,117円/本体1,960円
発行所 :明治図書出版
ISBN :978-4-18-418020-8

身近なテーマを取り上げ、「法」を授業化する手だてや、実践の概要を紹介し、誰でも取り上げることができるよう具体的に紹介。教師と法曹専門家とのコラボレーションの授業開発を実現。

 詳しくはこちら
法教育実践の指導テキスト

法教育実践の指導テキスト
– 現代の教育課題に応える2

著者等 :大杉昭英 著
判型・頁数 :A5判・132頁
価格 :税込1,901円/本体1,760円
発行所 :明治図書出版
ISBN :978-4-18-063358-6

「法教育」に対する理解と授業づくりの支援ができるように、法教育の理論と授業例を中心とした実践、アイデアを紹介。今充実が求められる法教育についての基礎・基本、指導のノウハウがわかる1冊。

 詳しくはこちら
父と娘の  法入門

父と娘の 法入門

著者等 : 大村 敦志 著
判型・頁数 :新書判・222頁
価格 :税込886円/本体 820円
発行所 :岩波書店
ISBN :978-4-00-500519-5

わたしたちの社会生活はさまざまな法律によって支えられています。その「法」の仕組みはどうなっているのでしょうか。法学者のお父さんが高校生の娘と対話をしながら探っていきます。名前があるのはなぜ? 親子であるとはどういうこと? 契約とは何だろうなど、身近な話題をきっかけに、楽しみながら法の基本的な考え方を理解できる入門書 (カバーより)

 詳しくはこちら
はじめての法教育 -我が国における法教育の普及・発展を目指して

はじめての法教育
– 我が国における法教育の普及・発展を目指して

著者等 :法教育研究会 著
判型・頁数 :B5版・168頁
価格 :本体1,143円
発行所 :ぎょうせい
ISBN :978-4-324-07671-2

法教育の基本をやさしく解説。社会科教諭・法律実務家が協働して作成した単元の指導計画とイラスト入りの教材例を掲載した実践的基本書。授業ですぐに使えます。

 詳しくはこちら
世界の法教育

世界の法教育

著者等 :江口勇治 編
判型・頁数 :A5判並製・199頁
価格 :税込2,376円/本体2,200円
発行所 :現代人文社
ISBN :978-4-87798-182-2

日本でもようやく法教育に対する関心が高まってきた。裁判員制度の導入に向けて、法務省や文部科学省も動き出した。諸外国の法教育を紹介し、制度作りの参考に供したい。

 詳しくはこちら
プロジェクト・シチズン- 子どもたちの挑戦

プロジェクト・シチズン
– 子どもたちの挑戦

著者等 :Center for Civic Education 編
 全国法教育ネットワーク 訳
判型・頁数 :A5判・100頁
定価 :税込1,296円/本体1,200円
発行所 :現代人文社
ISBN :978-4-87798-154-9

地域の問題に対して、子どもたち自身が関係者に取材し、書物などを調べて政策提言をするためのテキスト。民主主義を担う人材を子どものうちから育成する。

詳しくはこちら
日本的法意識論再考 : 時代と法の背景を読む

日本的法意識論再考
– 時代と法の背景を読む

著者等 :高橋眞
判型・頁数 :A5判・213頁
価格 :本体3,800円+税
発行所 :ミネルヴァ書房
ISBN :978-4-62303-678-3

「日本的」という固定観念からの脱却――戦後、契約関係に基づく近代的な人間関係を成立させるため、日本的な法意識の克服が議論された。本書は、この議論を代表する川島武宣博士の『日本人の法意識』を軸に、果たして日本社会に表れる諸問題を考える上で、伝統的意識との関係だけで議論してよいのかを検証し、日本人の伝統と変化への意識・対応については、ジョン・ダワー『敗北を抱きしめて』からその特徴を読みとる。「日本的」という概括的な捉え方をすることの危険性を指摘し、日本とドイツの法制度を例に時代の実状を把握しつつ法とその背景にある意識の関係を考察する。(「ミネルヴァ書房」サイトより)

詳しくはこちら
法教育- 21世紀を生きる子どもたちのために

法教育
– 21世紀を生きる子どもたちのために

著者等 :関東弁護士会連合会 編
判型・頁数 :A5判・211頁
価格 :税込1,944円/本体1,800円
発行所 :現代人文社
ISBN :978-4-87798-104-4

アメリカで発展してきた法教育を紹介するとともに、日本の現状を踏まえて法教育の必要性と実効性を考え、弁護士の立場から見た法教育のあり方を提言。子どもたちのアンケート結果も収録。

詳しくはこちら
法教育の可能性- 学校教育における理論と実践

法教育の可能性
– 学校教育における理論と実践

著者等 :全国法教育ネットワーク 編
判型・頁数 :A5判・212頁
価格 :税込2,376円/本体2,200円
発行所 :現代人文社
ISBN :978-4-87798-057-3

これからの司法を担い、民主社会を実現する市民を、初等・中等教育のなかでどのように育成していけばよいのか。研究者と教師、実務家による理論と実践の書。

 詳しくはこちら
テキストブック わたしたちと法- 権威、プライバシー、責任、そして正義

テキストブック わたしたちと法
– 権威、プライバシー、責任、そして正義

著者等 :Center for Civic Education 編
 江口勇治 監訳
判型・頁数 :B5判・240頁
価格 :税込2,376円/本体2,200円
発行所 :現代人文社
ISBN :978-4-87798-055-9

アメリカの権威あるNGOによる小学生向けの法教育テキストを翻訳。権威や正義について、物語を読みながら考え、学んでいく。
日本にもこのような法教育が必要になってきた。

 詳しくはこちら

                      

:小学生対象 :中学生対象 :高校生対象 :大学生対象
このページのアフィリエイトの収益は、houkyouiku.jp ドメイン登録料の一部に当てさせていただきます。
お知らせ
法教育マスコットキャラクター「ホウリス君」のご紹介
対談シリーズ「『法学教育』をひらく」
高校教諭と労働法学者の往復書簡
法と教育学会
関係機関
文部科学省
法務省
最高裁判所
日本弁護士連合会
日本司法書士会連合会
法テラス
ページトップへ