法教育実践レポート

第3回法教育祭 ―法科大学院生による法教育

 2017年3月3日(金)10:30~15:05、第3回法教育祭が渋谷区立谷鉢山中学校(午前)と同区立松濤中学校(午後)で開催されました。法教育祭は、法科大学院の有志による法教育サークルが、國學院大學法科大学院の今井秀智教授(弁護士)の指導のもと、学校現場で出張教室を行うものです。第1回の法教育祭は2年前に開かれ、今年で3回目を迎えました。今回参加した法科大学院生は慶應大学法科大学院、中央大学法科大学院、一橋大学法科大学院の院生です。NHK Eテレの「昔話法廷」を使った模擬裁判授業の様子をお伝えします。 [続きを読む…]


法教育推進協議会傍聴録(第41回)

 2016年12月16日(金)、法務省第1会議室で第41回法教育推進協議会が開催されました。
冒頭、8月に着任した法務省大臣官房司法法制部小山太士部長から、法教育に関する注目度や、法教育教材に対する期待などについて挨拶があり、新委員のご紹介の後、議事へと進みました。 [続きを読む…]


静岡大学教育学部附属島田中学校第62回教育研究発表会

 2016年11月10日(木)9:00~16:00、静岡大学教育学部附属島田中学校において平成28年度教育研究発表会1日目が行われました。社会科の研究テーマは、「主体的に社会を創造する生徒を育てる単元開発~社会の形成に参加する力を育てる授業づくり~」です。地理的分野と公民的分野の授業の様子をそれぞれお伝えします。 [続きを読む…]


法学部教育から見る法教育(第1回)谷口功一先生(法哲学)・後編

<高校までの教育に望むこと>

宍戸先生:高校までの教育に望むことはありますか?
谷口先生:繰り返しになりますが、高校の現代社会は非常に範囲が広く、これを教える先生方は本当にたいへんだなと思います。 [続きを読む…]


法学部教育から見る法教育(第1回)谷口功一先生(法哲学)・前編

宍戸先生:第1回は、首都大学東京の谷口功一先生をお招きしてお話を聞いてまいります。
谷口先生のご専門は「法哲学」です。先生のご研究・ご関心の範囲は非常に広汎にわたっておりまして、非常に抽象的で理論的に高度な研究をされている一面もあれば、スナック研究ですとか、現代社会の生理と病理をショッピングモールを切り口に分析した『ショッピングモールの法哲学』(白水社,2015年)を執筆されたりといった、たいへんユニークな先生です。また、特に「公共性」に関するご研究もあり、まさに、学習指導要領改訂で設置される新科目「公共」を考えるにあたり最適な方をお招きしたと思っています。本日はよろしくお願いします。
谷口先生:よろしくお願いします。私は、法哲学者なのですが、みなさんにはあまり馴染みがない分野かとも思いますので、まずは法哲学とは何なのかについて簡単にご説明したいと思います。
[続きを読む…]

ページトップへ